Youtube Liveとtwitch.tvの違い

①配信後
配信後に録画をダウンロードしたり、それを編集しようとする場合、圧倒的にyoutube Liveが有利。
Twitch.tvのタイムシフトをダウンロードするとなぜか劣化するし、可変フレームレートになっているようで編集ソフトに入れると音ズレしてしまう。
配信後に生放送を編集したい方はYoutube Liveがお勧め。

②配信中
YoutubeLiveは、ライブ配信中にその枠のタイムシフトをどこでも再生できる。
twitch.tvは配信者が配信を終えないとタイムシフトを視聴できない。

どちらも、配信者がタイム視聴視聴可能の設定にしていないとタイムシフト視聴はできない。

③配信後
Youtube Liveは自動でYoutubeに高画質でアップロードされ、それが収益化できる。

twitch.tvも動画が残るが、パートナー契約を結んでいないと数週間で動画が削除される。

また、収益化できない。

④ドネート、スーパーチャット
どちらのライブ配信も、視聴者さんからドネートやスーパーチャットという形で動画配信の支援を受けられる。

⑤周辺ソフト
twitch.tvはstreamlabs等を使うと、ドネートティッカー(今までドネートしてくれた方の名前やドネート金額のティッカー)やアラートボックス(ドネートやフォローされたときに音や画像が出る)のなどのたくさんの面白い機能が簡単に使える。
Youtube Liveでは未だそういう使いやすいソフトがない。(streamlabsでYoutube Liveのサブスクライブの音や表示は可能。)

⑥視聴者人口
海外を含めるとゲーム配信ではtwitch.tvの方が総視聴者人口がかなり多い。

■まとめ
視聴者数やドネート関係ではtwitch.tv有利。
ただし、Youtuve Liveはスーパーチャットという簡単にドネートできる機能を追加したので今後どうなるか。
配信中の見やすさ、配信後のダウンロードのしやすさ、生放送を編集したいならYoutube Liveが有利。
twitch.tvでもパソコン性能が良いなら、配信しながら同時高画質録画でも良いか。

 

チャンネル登録よろしくお願いします。

https://www.youtube.com/user/takomaso

日本人プロプレイヤーが韓国鯖でプレイすることによる弊害とその対策

こんにちわ。シーズン3からLOLを毎日遊ばせてもらっているプレイヤーです。

現在日本人のプロプレイヤーは日本鯖ではほとんどプレイせずに韓国鯖でプレイするのが一般的となっています。
これが日本鯖に大きな悪影響を及ぼすのではないかと考えています。

理由として、
①日本鯖のトッププレイヤー帯が過疎る。
②日本鯖に目標となるプレイヤーがいない。
③世界大会で今後勝てなくなる。

①の日本鯖のトッププレイヤー帯が過疎るについて
トッププレイヤーが韓国鯖でプレイすると、日本鯖ではそのトッププレイヤーと同レベル帯と少し下のランクのプレイヤーのマッチングに影響します。
マッチングに30分や1時間かかるとそのプレイヤーはランクをしないや、他の鯖へ行くなどといった選択をします。
すると、結局チャレンジャー帯が過疎る→マスター帯が過疎る→ダイア帯が過疎る→・・・
数年後にはプラチナやゴールド帯までマッチングが難しくなり、日本鯖全体のプレイヤー数減少に繋がってしまうのではないでしょうか?

プレイヤー数が減少するとプロプレイヤーも結局スポンサーがつかなくなり給料がなくなります。
プレイヤー数が多ければ多い程、スポンサーも潤い、プロプレイヤーの給料も数十倍に膨らみます。

日本ではプロ野球のトップ選手だと年収が億いきますが、プレイヤー数が少ない競技のトッププロプレイヤーはバイトしながらプロ選手として活動しています。

一般プレイヤーだけではなく、日本鯖を捨て韓国鯖でプレイしているプロプレイヤー自身が自分の首をしめてしまっているのではないでしょうか?

②日本鯖に目標となるプレイヤーがいないについて
現状日本鯖では一生懸命練習して、ランクを上げれば上げるほどプロプレイヤーがいない為、対戦相手がいなくなります。
ランクを上げれば大好きな憧れにのプロプレイヤー達と一緒にゲームできるって目標があるだけで、みんなランクを一生懸命頑張って日本鯖のランクが活性化すると思いませんか?
韓国鯖ならマスターなればみんなの憧れのFaker選手などと一緒にプレイすることができます。
日本鯖だと一般のプレイヤーはどんなに頑張ろうとプロプレイヤーと一緒にプレイすることができません。
仕事やめてプロプレイヤーになって韓国鯖でプレイしたりLJLに出場するしかそういう機会がありません。

③世界大会で勝てなくなるについて
今現在日本鯖は出来たばかりで、韓国鯖やNA鯖は何年も前から稼働していてトップランク帯では日本鯖よりかなりレベルが高いです。
だからプロプレイヤーをレベルが高い韓国鯖でプレイさせるっていうのはなんとなく理解できます。
ただそれだと、現在プロプレイヤーである日本の数十人のプレイヤーのレベルは上がると思いますが日本鯖自体のレベルは逆に下がってしまいます。
今だけならそれでいいかもしれませんが、選手を使い捨てではなく、選手としての寿命(選手後の活動も含んで)を考えたら日本鯖でプレイした方が日本鯖全体(一般プレイヤーもプロプレイヤーも協賛の企業)のことを考えるなら日本人プロプレイヤーには日本鯖でプレイさせるべきではないのでしょうか?

日本鯖のランク人口が現在約6万人、韓国鯖のランク人口が現在約240万人。
日本の小さなピラミッドの頂上の数十人だけを、韓国の何十倍も大きいピラミッドに対抗させようとしています。
それよりもまず、国内を固めて、ピラミッドの基礎を地道に大きくしていく方が、数年後のLOLワールドチャンピオンシップへの道が開けるはずです。
■次に打開策として案を書きます。

①曜日や時間を決めて日本人プロプレイヤーに日本鯖でプレイしてもらう。

例えば視聴者が多い週末の土日の20時から24時まではプロプレイヤーによる韓国鯖でのプレイを規制する。
こうすることにより、プロプレイヤー数十人が週末に同時に日本鯖でプレイすることになります。

こうなれば、プロプレイヤーもマッチングに困らず、一般のダイアレベルのプレイヤーもマッチングに困らない。
さらに、みんなの憧れのセロス選手が日本鯖でプレイしてるぞ!ってなったらみんなのやる気も増えます。
ランクでセロス選手+エビ選手vsゆたぽん選手+クロックデイ選手とかなったらopenrecやtwitch.tvの視聴者数も数倍に増えます。
これについては以前エビさんがチャレンジャー以上限定で日本鯖でカスタムを行っていたときに同時視聴者数が2,000人を超えていました。

動画視聴者数が増えるとどうなるか、これはプロ選手についているスポンサー企業も潤い、さらに日本でゲーム動画を見ているプレイヤーへの大きな宣伝となりLOLの人口が増え日本鯖の活性化へとつながります。
配信をしているプロプレイヤーにも大きな収入が入るので、大会で優勝できないプレイヤーやチーム、引退後のプレイヤーへの保険ともなりえます。

日本人プロプレイヤーが日本鯖で同時にプレイする日時を設けるだけで、LOLに関係する全ての日本人が幸せになれるのではないでしょうか?